【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績

レーシックは術中・術後の痛みはほとんど無く、視力が回復し、手術による目へのダメージが少ない治療法なのです。
近年、着々と広がりを見せており、ここ数年のうちに白内障の手術件数を上回り、 眼科の手術のほとんどを占めるとさえ言われています。

 

レーシックの手術法は、具体的には眼の中のレンズとも言える角膜に安全性の高いレーザーをあてていきます。
そして屈折率を変化させ、ピントを合わせていくことで視力を矯正する手術となります。日本では2000年に厚生省にレーシックが認可され、年間2万5千人の人が手術を受けています。
現在でも各クリニックのサイトを見てみますと、95%以上の人が裸眼視力で1.0以上まで回復していることがわかります。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。



【レーシック知識】日本国内でのレーシック実績ブログ:28 2 2021

特定の食材だけを食べ続ける
「単品シェイプアップ」という方法がありますが、
これは良い効果が現れない上に、
からだの調子も崩してしまいがちです。

ちょっと前に、
「りんごシェイプアップ」って流行りましたよね。

このシェイプアップ方法は、
りんごと水以外は一切口にしてはいけないという
かなりきついシェイプアップです。

俺の友達は、
がんばって三週間続けたそうですが、
確かに体重は減りましたが、見た目はガリガリで美しくなく、
常に空腹の状態で体力がすっかり落ちてしまったそうです。

そしてりんごシェイプアップをやめた後は、
結局すぐにリバウンドしてしまい、
体調がものすごく悪くなってしまったそうです。
元の健康なからだに戻るまで、とても苦労したようですよ。

他にも、
ゆで卵シェイプアップやグレープフルーツシェイプアップ、
パイナップルシェイプアップなど
有名な単品シェイプアップがありますが…

これらのシェイプアップ方法は、
極端に摂取するカロリーが減少しますので、
体重を短期間で減らすことはできるものの…

ひたすら同じ食材ばかりを食べるということで、
栄養が偏ってしまい体調を崩してしまいます。

摂取するカロリーがあまりに少ないので、
からだが軽い飢餓状態だと認識して、
十分なエネルギーを脂肪細胞に蓄積しようとします。

そして、
シェイプアップをやめて普通の食生活に戻ったとたんに
リバウンドを起こしてしまいます。

このような「単品シェイプアップ」は
できれば行なわないほうがいいと思います。

規則正しい生活をして、
バランスの良いご飯を摂り、
適度な体操をしてシェイプアップすることが
一番いい方法だと思います。