【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのか

手術と言いましてもレーシックは入院の必要は無く日帰りで受けることが可能となっています。
時間も10分前後と非常に短く、術後直後から一日経過すれば視力が回復してきます。もちろんそれには個人差がありますのでご注意ください。

 

現在ではレーシック手術が一般的に行われているアメリカでは年間100万人以上の人がレーシックを受けています。
この数字は近視になっている人の約一割とも言われているほど人気となっているのです。レーシックとは「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略称として世間的に広まっています。
エキシマレーザー装置を使用して目の表面の角膜の一部を削り、レーザーを照射し角膜を調整し視力を回復させていきます。 日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。



【レーシック知識】そもそもレーシックってどんな治療なのかブログ:04 3 2021

減量中、
最も気を使うものの中に、食べる事のメニューをどうするか?
ということがあります。

やはり
食べる事をいかにカロリーの少ないものにするかということが
重要なポイントになってきます。

ぼくは、単品料理を極力避けるようにしています。

単品料理というと、どんぶり物。
かき込みながら食べられるどんぶり物というのは、
時間のない人にとっては、理想的な食べる事です。

でもこれって、
ただの早食いになってしまうことにつながりますね?
早食いは、腹が満足しにくいので、
減量にとって大敵です。

さらにどんぶり物と定食とを比べれば、
ごはんの量はどんぶり物の方が多いですよね?

炭水化物は
減量の障害となることがあります。
使われなかった炭水化物は、
体質の中に脂肪という形で貯蔵されるからです。

他に単品料理として、
女性の間で人気が高い、パスタがありますね?

パスタも、どんぶり物と変わらない特徴があります。
パスタも炭水化物だからです。

ですから、あまり頻繁に食べていると、
相当運動をしないと
体質の中に脂肪を蓄えてしまうリスクを増すことになります。

しかも単品料理には、
炭水化物が多いということ以外にも、
栄養分が少ないという特徴があります。

どんぶり物もパスタも、
食材が少ないという感じはしませんか?
特に野菜は少ないですよね?
パスタにしても野菜とパスタの比較をすれば、
圧倒的にパスタが大部分を占めます。

ですから、減量中の食べる事には、
単品料理を控えた方が良いんですよね!

どうしても頼む場合は、
何か付け合わせのサラダなどを頼むといいでしょう。
すると栄養バランスも整うでしょう。

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)